RYU blog

Archive

Search This Site


Link

Mobile

qrcode

Others

2011.03.10 Thursday author:

『ビジネスは、毎日がプレゼン。』発売から2週間。

『ビジネスは、毎日がプレゼン。』編集担当の戸井田です。

『29歳からのルール』(明日香出版)
『ビジネスは、毎日がプレゼン。』(同文舘出版)の発売から早くも2週間が経ちました!

皆さんのうれしい感想なども続々と届いている様子。
書店でも、新刊コーナーでドーン!と展開されています。すばらしい〜!


(ブックファースト新宿西口店様)

『ビジネスは、毎日がプレゼン。』の文字がキラリと光っておりますね!(ひいき目すぎ?)

ぜひぜひ、実際に手に取って、いろんなところをチェックしてみてくださいね。
手描き感の温かみが溢れるカバーデザインや、ざらついた紙の感じ。
本文はとーってもきれいなブルーの二色刷り。
プレゼン力を上げる楽しいワーク。
いろいろとこだわりポイントはあるのですが……
手に取った人にしかわからない仕掛けもあります!

村尾さんもちょっと触れられていましたが、ぜひぜひ、カバーを外してみてください!



村尾さん直筆(!)の「プレゼン準備メモ」です。
プレゼンの達人でも、1回のプレゼンに、ここまで緻密に準備しているのです。脱帽です!(しかも、かわいい)

後ろカバーも要チェックです!



村尾さんの著作初!の著者近影(とはいえ、ちょっと遠い…?)です。か、かっこいいー!
これは、昨年末にCCレモンホールで行なわれた講演で撮影されたものですが、プレゼンの臨場感たっぷり!だと思います。

2年半の期間を経て、やっとプレゼン・キング村尾隆介さんによるこだわりのプレゼン本を世の中に出すことができました。
ということで、私の『ビジネスは、毎日がプレゼン。』の制作裏側レポーターとしての役割も、とりあえずは終わり、ということになります。
わずかの間でしたが、私の記事を読んで頂いた皆さん、この場を提供してくださった村尾さん、スターブランドの皆さん、ありがとうございました!!

毎日の意識改革こそ、大きな成果に結びつく。
この本を担当して得られたひとつの気づきです。

これが、「なんだかすごそうけど、自分にはちょっとハードルが高いかな…」というノウハウだったりしたら、背筋をピン!としながら読まなくてはならないかもしれませんが、『ビジネスは、毎日がプレゼン。』は、ENJOY!しながら(時には笑いながら、笑)読める珍しいビジネス書です。

「プレゼン力アップが毎日をワクワクさせるモト。」というメッセージがどんどんシェアされていったら…きっと日本のビジネスは変わっていきます!

『ビジネスは、毎日がプレゼン。』は、この世で産声を上げたばかり。
このブログでの役割はミッション終了ではありますが、私の一番のミッションは、もっともっとたくさんの人にこの新しい発想を知ってもらうこと。
なので、「日本のプレゼン元年」を目指すべく、普及の旅(?)に出るとします。

何か、シェアできる場や情報がありましたら、もしかしたらまた登場する機会もあるかもしれません。また皆さんにお会いできますこと、楽しみにしております。
そのときが来るまで、皆さんのプレゼン本の感想や成果を心の頼りにしたいと思います。ぜひぜひ、皆さんのお声、お聞かせくださいね!

2011.02.24 Thursday author:

できたてほやほや!

『ビジネスは、毎日がプレゼン。』編集担当の戸井田です。

『29歳からのルール』(明日香出版)がいよいよ発売となりましたね!
続きまして、いよいよ、『ビジネスは、毎日がプレゼン。』(同文舘出版)が26日〜順次発売となります!!(書店さんによって搬入日が異なります)

そして、印刷所からできたてほやほやの書籍が到着…!
編集担当としては、このときが待ち遠しくもあり、緊張の一瞬でもあり…。



黄色と水色が映えるカバー。
まるで太陽と海のようです。プレゼンに必要な情熱と冷静さを示すような、村尾さんの温かさと受容力を表わすような。

裏表紙には、こんなメッセージが…。



村尾さんは命をかけて!…と言っても過言ではないくらい、講演・セミナーなどプレゼンの準備に対する意識が高いです。
それは、先日村尾さんがblogにアップした冒頭のメッセージに表われています(書籍では、プレゼン・メモのような手書き文字が余白にあるんですよ。CHECK!)。

たった1回のプレゼンが、成功への分岐点。
プレゼンを「自分を上手にプレゼンテーションする=伝える」技術と捉えるならば、たとえ社内の小さなプレゼンであっても、自分のブランド価値を高めるチャンスなのです。

「プレゼンのレベルを上げていく」という意識を持つと、仕事も、人生も、いろんなことが好転していく!というわけです。

よいプレゼンターは決して一夜漬けにしてならず。
本書にもある通り、オンもオフも、いつでもどこでも、よいプレゼンターになるための練習をする、という意識を持つこと。
これが最高のプレゼンをするための近道です。

取引先へ向かう道すがら、ただ歩いていませんか?
新しいネクタイを買うとき、ただ好きな色を選んでいませんか?
友人との会話中、空気の流れって気にしたこと、ありますか?
お笑い番組を見ているとき、芸人さんの動きに注意したことがありますか?
デート中、彼女がカーディガンをはおるのを見過ごしていませんか?

ライフスタイルの中にも、プレゼン上手になるためのヒントが隠されている。
そんなふうに意識を変えていくと、村尾さんが「なぜ、プレゼンの準備にここまでこだわるのか?」の答えがわかると思います。

村尾さんのプレゼンへのこだわりの「すべて」が詰まった1冊。
ぜひ、お手に取ってくださいね!

『ビジネスは、毎日がプレゼン』(同文舘出版)
★amazonにて予約受付中!★

2011.02.10 Thursday author:

プレゼン上手になるための、新しい発想

『ビジネスは、毎日がプレゼン。』担当者の戸井田です。

本日、「ラスト10%のツメ」を経て、無事、印刷所へとデータが旅立っていきました。

時には1日10通を超すメールのやりとりをしながら、2年半の歳月をかけ、やっと完成する本書(担当編集としては、なんだかちょっとさみしさすら感じます…)。

講演家・村尾隆介さんのプレゼンへの想いとこだわりがすべて詰め込まれています。

昨日の村尾さんのエントリにもあったように、村尾さんのプレゼンのコアにあるのは、「すべてのプレゼンテーションは、聞き手が楽しめるエンタテイメントでなくてはならない」という想い。

「人を楽しませること」に並々ならぬこだわりを貫いている村尾さんのプレゼン本だからこそ、楽しくプレゼンしなくては意味がない!

本書のカバーは、そんなメッセージを込めて、デザインされました(初公開!)。


『ビジネスは、毎日がプレゼン。』(同文舘出版)2月26日〜発売!


プレゼン力が上がると、いろんなことが好転していく!
そんな「楽しさ」が伝わると、うれしいです。

* * *

余談ですが…、本書の効果はプレゼン上手になること、そして仕事や人生がうまくいくことだけではありません。

本書の隠れた効果とは…、

「女子力が上がる」

ことです!!

先日のエントリ「『プレゼン』は、ライフスタイルのすべてが出る」でも述べた通り、プレゼン上手になる新発想のひとつに、「ライフスタイルを磨くこと」というのがあります。
私の同僚(女性)は、村尾さんの新発想を知るや否や、ネイルのお手入れに励んだそう!
かくいう私も、いつもよりちょっとフンパツして、いい香りのするシャンプーを購入。
「見た目もメッセージ」という村尾さんのプレゼン術は、確実に女子力をもアップさせます!(笑)

本書を読んでいると、「プレゼンの達人」になりたい、というのはもちろんですが、「魅力的な人」になりたいという想いがどんどん強まり、自分のブランド価値を高める意識がグン、と上がるのです。

村尾さんは、プレゼンがうまくなるための練習のひとつとして、「オン・オフのスイッチを設けない」ということも書いていますが、結局のところ、魅力的なビジネスパーソンは、魅力的な生き方をしている人、ということなんですよね。

ひとつの「自分ブランディング」本としても、たくさんのヒントがもらえる1冊です。

2011.02.03 Thursday author:

『ビジネスは、毎日がプレゼン。』日記

『ビジネスは、毎日がプレゼン』編集担当の戸井田です。
村尾さんの1月のほぼすべてを費やして頂いたプレゼン本。
毎日、メールや電話などで必ず「プレゼン本楽しみです!」という期待の声が届いているのだとか。
そろそろみなさんの期待度もMAXに…!?

原稿作業のほうも、今、まさに「ラスト10%の詰め」の作業真っ只中です!!
ここに至るまでの、この2週間は、まさに村尾さんとの二人三脚。
その軌跡を少しだけご紹介しましょう。


【プレゼン本制作日記】

*********************

1月20日
初校ゲラを村尾さんにお渡しする。その付箋(=質問箇所)の数の多さにさぞやビックリされたことだろう…(笑)
でも、イラストレーターさんの描く挿絵もとってもかわいく、どんどんよくなっていく原稿にワクワク!
※ゲラ=原稿を本文デザイナーさんに書籍用にデザインして組んでもらったもの。図版なども作ってもらいます。書籍づくりにはたくさんのスタッフが携わっているのです!

*********************

1月22日
シークレットセミナーにカバーデザイナーさんと一緒に参加。
久々に体感する村尾さんのプレゼンは、やっぱり「濃縮還元型」。限られた時間の中で、いかにたくさんの情報を、いかに楽しく見せるか?が工夫されたエンタメ系プレゼンは、やっぱりスゴイ。
カバーデザイナーさんもフリーになりたてということもあり、興奮して聞いていた。
その後、セミナーの興奮も醒め切らぬ中、ランチをしながらカバーデザインの方向性をミーティング。本書のキーワードでもある「心を揺さぶる」カバーになるようにと、気持ちをひとつにする。

*********************

1月28日
日に何通ものメールでやりとりしながら、初校ゲラの校正の毎日。
今、講演家として行なっていること以外にも、これまで村尾さんがビジネスマンとしてやってきたこと、感じてきたことなども追加してもらったり、普段講演前につくる「エモーショナル・ライン」の図版を追加したりと、「もっと伝えるために」の作業を加速していく。

*********************

1月30日
表参道のアニヴェルセルにて、初校ゲラを村尾さんから預かる。
「毎日持ち歩いていた」というだけあって、ゲラはボロボロ!頭の下がる思いで、お預かりする。
「ここはこういう意味ですか?」「ここはこういう事例があったほうがいいのでは?」等々、申し訳ないくらいにしつこく(笑)確認しながら、初校ゲラを修正していく。



*********************

2月3日
村尾さんに再校ゲラを直接お渡しに行く。
1月はほとんど執筆作業に専念していたため、この日も一日中面会の予約が入っているとのこと。
そんな村尾さんに「村尾隆介さんは、なぜ、魅力的なプレゼンができるのか?」の答えをもっともっと煮詰めていくべく、ラストの詰めのお願いを。
「プレゼン本のプレゼン」セミナーのお話なんかも出て、ワクワク。

*********************


…というわけで、現在、「村尾さんの思いよ、もっと伝われ〜!」という一心で、いよいよラストスパートに突入です!!

「…で、いつ発売なの?」
ということが一番気になっていらっしゃいますよね。
2年の構想期間を経て、満を持して……

「2月28日頃の発売」

となります!!!(首都圏の書店などでは、2月26日から順次、店頭に並ぶと思います)

単なるテクニック本ではない、「楽しく仕事をする」ための、いわば自分ブランディングにも通じる異色のプレゼン本かもしれません。
でも、「すべてのビジネスマンに必要な“伝える”技術」がギュギュギュ〜ッと凝縮されたプレゼン本です。
どうぞご期待ください!

2011.01.13 Thursday author:

「プレゼン」は、ライフスタイルのすべてが出る

『ビジネスは、毎日がプレゼン。』担当編集の戸井田です。
今年は、「日本のプレゼン元年」!
皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、早くも、

「プレゼン本、楽しみにしています!」

……という声が、珍しくちょっと弱っていた村尾さんのもとに続々と届いているみたいです。

ありがたい!!

「村尾隆介さん=小さな会社のブランド戦略を手掛けるコンサルタント」

というのは、皆さんご存じの通りですが、村尾さんが『安売りしない会社はどこで努力しているか?』でもおっしゃっているように、ブランド戦略のひとつには、「その魅力を伝えるための見せ方=プレゼンテーション」というのも含まれています。

小さな会社のブランド戦略の専門家が、プレゼンの達人やセミナーリーダーであるのは、当然かもしれませんね。

でも、村尾さんがファン続出のセミナーリーダーである理由は、もちろんそれだけではないのです。

講演の冒頭でも必ず紹介される、このメッセージ…

「すべてのプレゼンはエンタテイメントであるべき」

を実践すべく、村尾さんは「伝達名人」(なんだか炊飯器の商品名みたい)になるための努力や習慣を怠ることはありません。

新刊のトピックには、

・「人前で話す」ことだけがプレゼンじゃない
・「自分を上手にプレゼンする」で、より良いキャリアを
・服装もメッセージ
・生活の中で「プレゼンの練習をする」という発想
・勉強は良質なエンタメから

……などなど、村尾さんが24時間やっている、いつでもどこでもできる「プレゼン力」アップのエクササイズが満載。

そう、昨日の村尾さんのブログでもあったように、プレゼン上達の近道は、「ライフスタイル」から!なのです。

プレゼンテクニックを高めよう、なんていうと肩肘張ったり、妙に緊張してしまったりするけれど、ライフスタイルを良くすればプレゼン上手になるよ、っていわれると……私でもできそう!

とっても魅力的なアドバイスですよね。

現在、村尾さんが「これ以上のプレゼンノウハウはない!」というほど「濃縮還元」されたお原稿を、読者の皆さんにより伝わりやすく、プレゼンできるように、文章を整えたり…デザインのイメージを作ったり…イラストを描いたり…という「見せ方」の作業真っ最中です!

少しずつ、「本のかたち」になっていく新刊の状況をレポートしていきます。
今しばらくお楽しみくださいませ!

Recent Entries

Recent Comments