RYU blog

Archive

Search This Site


Link

Mobile

qrcode

Others

2014.08.28 Thursday author:ryumurao

あとがき (『MYクレド』より)

このブログでは、しばらくシリーズで村尾隆介の過去に書いた書籍の“あとがき”だけをお送りします。

本好きな方で「あとがきから読む」という方は少なくありません。

なぜなら、そこにこそ著者のすべてが映し出されていると考えている方が多いからです。

今、どうしてこのタイミングで、この企画をやるのかについては、またいずれ発表したいと思います。

ブランドに興味を持っている方のみならず、生き方と働き方の一致を模索している方にも、

きっとヒントにしていただけると思います。


スターブランド スタッフ一同

****

東南アジアの貧しい地域で、自分の名前も知らないような子供に、
「今、あなたの願い事は何ですか?」と聞くと、その多くが、

「お母さんと、お父さんの健康と、幸せを願っています」と答えるそうです。

また、日本人の寄付金により建てられた学校に通う子供たちは、
その感謝の言葉として、こんなことを、よく口にするといいます。

「日本のみなさん、どうもありがとう。私たちの恩返しは、
立派な大人になることです」

南米では、プロサッカー選手は、みんなヒーロー。
次世代にとって、憧れの対象です。

でも、それと同時に、「あの選手を育てたのは、あのコーチ」
ということも国民は理解していて、選手を育成した人たちにも、
選手と同じように敬意を払います。

私たち著者が、最近、心を揺さぶられた言葉の一つに、
浅田真央さんの、こんな言葉があります。

「私が頑張ると、みんなが喜んでくれた。それが嬉しかった」

これらのエピソードは、まさに私たちが、
この本で読者のみなさんに感じていただきたかったことを象徴しています。

あなたが、あなたらしく生きること。

あなたが、一切の迷いなく、自分らしく仕事をすること。

あなたができる、これ以上の社会貢献はありません。

みんな、あなたが、あなたらしい人生を、自信を持って歩んでいる姿を望んでいます。

親も、家族も、友だちも、ボスも、同僚も、後輩も、あなたが楽しそうにしている姿を見ているときが、一番の幸せです。

あなたが我慢している姿や、文句・悪口を言っている姿を見て、嬉しく思う人なんて、一人もいません。

「パーソナルブランドの本」となると、当たり前ですが、「自分自身のこと」に話が集中します。

でも、私たちが今回伝えたかったことは、「自分ブランドは、社会と自分の“より良い結びつき”のために構築するもの」「もっと、まわりの人に喜んでもらえる自分になる」という、どちらかというと社会や相手に軸を置いたパーソナルブランディングについてでした。

「異性モテ」をはるかに超えた、「社会モテ」するための、
セルフブランディングについてお伝えしたかったのです。

この本は、私たちが歩んできた道のりでもあります。

私たちも、同じように、あるとき自分と真剣に向き合い、律するルールをつくり、それを守り、改善・工夫を重ね、今に至ります。

今でも、時折、この本で紹介したワークを、自分たちでも行っています。

ですから、本書が単なる読み物で終わらないように、随所に「最初の一歩を踏み出せる工夫」をしています。

書籍の中の数々のワークは、文中、「ノートに書いてみてください」となっていましたが、この本の公式サイトからもワークシートがプリントアウトできるようになっています。

もちろん、自分クレドの雛型や、自分クレドづくりに役立つ事例やプラスアルファの情報も掲載しています。どうぞ、お時間があるときに、一度見てみてください。


「成功とは、幸せになること」です。

この本が、あなたの幸せにつながる、一つのきっかけになれば、
こんなに嬉しいことはありません。


最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました。

いつも素晴らしい読者のみなさんに囲まれ、私たちは幸せです。

いつもたくさんの、こちらが感動して涙が溢れるくらいの感想をメールやお手紙で送ってくださって、ありがとうございます。本当に励まされます。

これからも、少しでもみなさんの成功に役立てるよう、
私たちも一生懸命勉強し、毎日成長していきたいと思います。

いつも、本当にありがとうございます。
心から感謝しています。

「72時間ルール」という、私たちのクレドに従ったおかげで、私たちは、この本の構想を、コペンハーゲンのカフェで行うことができました。

デンマークという国は、今、最も「幸せな国」のひとつとされており、国民の「自分の国への満足度」や「自分の未来に対する自信」が、統計でも、とても高いことが分かっています。

「国民と政府が、お互いを、すごく信用しているよね」、
これが私たちのデンマークの印象です。

私たちは政治家ではありません。

でも、私たちは、「この日本を未来に自信を持てる、カッコいい大人でいっぱいにすること」を、大切なミッションの一つだと考えています。

「カッコいい大人」って、どんな人でしょう?

それは、「迷いがない人」です。「ブレない人」です。

具体的に「自分の幸せに向かって歩んでいる人」です。

それは、「約束を守る人」です。
そして、「行動で示す人」です。

そんなカッコいい大人たちと共に、私たちは、今こそ、世界が羨むような、
新しい“良い時代”を、この国に築いていきたいと思っています。

ぜひ、私たちに、あなたがつくった「自分クレド」のフレーズを、一部でいいので見せてください。

ぜひ、私たちに、あなたの本に関する感想を聞かせてください。メールを送ってくださった方には、お礼に、この書籍のオリジナルのノベルティを、プレゼントとして、もれなく郵送させていただきます。

たくさんのメールやお手紙、お待ちしています。


最後に、私たちのマイクレドの一つにもなっている、
大好きな言葉をお贈りして筆をおきたいと思います。


『すべての知識は行動に移されるべき』 
― アルベルト・アインシュタイン 


小さな、しかし、偉大な第一歩を!


村尾 隆介

Recent Entries

Recent Comments