RYU blog

Archive

Search This Site


Link

Mobile

qrcode

Others

2007.05.20 Sunday author:ryumurao

スシポリスと日本の国家ブランド(前編)

日本は、世界的にみて「ブランド力」のある国とされています。

「なんでもカワイイ憧れの国」として、最近では常にGNC(GROSS NATIONAL COOL−クールな国をランクする基準)でTOPに君臨します。

でも、残念なことに、それらは、「日本人以外の世界の人たち」が、“日本”を発信してくれるおかげにより、現地で“日本ブランド”が構築される場合・・・が多かったりします。決して、日本人が世界にビジネスモデルやコンテンツを持っていているわけではありません。本来なら、そうすべきだし、盛田昭夫氏が生きていれば、「日本人よ、そうしろ!」と言っていたはずです。

英国の“YO!グループ”なんて、まさにそんな一例です。

オシャレ系回転寿司の“YO! SUSHI(http://www.yosushi.com/)”から始まり、日本のストリートファッションを提案するショップや、日本のカプセルホテルを超クールにモディファイして展開する“YOTEL(http://www.yotel.com/)”などを経営する会社ですが、そのトップは英国人。日本に滞在経験から、「オウ、日本ってなかなかクールだね」と、コンセプトを持って帰ったのが起業のはじまりです。タイムマシン経営は、いまや「日本から世界へ」です。

日本人には不人気だけど、現地では革命的な世界規模日本食レストランチェーン、「WAGAMAMA」なんかも、同じです。

世界で日本食やスシが愛されている。
それがどんなカタチであれど、SUSHIを日常的に世界の人が食べているのは、揺るぎない事実です。僕は、そのことをとても嬉しく思います。海外のスシ屋で、「TUNA」ではなく、「マグロ」と日本語で注文している現地人(外国人)を見るだけで嬉しくなり、一杯ごちそうしたくなります。

「世界のみんながスシを楽しんでいる」・・・にも関わらず、「海外で横行している非合法なスシを取り締まろう!」と、日本政府が動きだしています。いわゆる「スシPOLICE構想」です。

たしかに、フランスやイタリアでも、「○○でつくられていないと本物ではない、その名を名乗ってはいけない」と、似たようなことをやっています。シャンペンやチーズなら、それもOKだと思います。でも、スシやラーメンは、クリエイションです。クリエイター次第で、いくらでも進化できます。スシポリスをやるなら、ラーメンポリスもやるべきです。

Recent Entries

Recent Comments