RYU blog

Archive

Search This Site


Link

Mobile

qrcode

Others

2014.08.30 Saturday author:ryumurao

あとがき (『営業部は今日で解散します』より)

このブログでは、しばらくシリーズで村尾隆介の過去に書いた書籍の“あとがき”だけをお送りします。

本好きな方で「あとがきから読む」という方は少なくありません。

なぜなら、そこにこそ著者のすべてが映し出されていると考えている方が多いからです。

今、どうしてこのタイミングで、この企画をやるのかについては、またいずれ発表したいと思います。

ブランドに興味を持っている方のみならず、生き方と働き方の一致を模索している方にも、

きっとヒントにしていただけると思います。


スターブランド スタッフ一同

****

営業部を解散させるためにあるブランド戦略


私はブランド戦略の専門家です。

普段は小さな会社・小さなお店、もしくはフリーランスの人たちが、
その地域や業界で今よりもキラリと光り輝き、
そのカテゴリーでオンリーワン&ナンバーワンに
なれるようにお手伝いをしています。

小さな会社もブランドを目指すことの重要性に関しては、
私の過去の著書で何度も記しているので、
あえてここでは繰り返しませんが、
総合すれば「ブランド力は引力」ということになります。

「ただの商売」ではなく「ブランドと呼べる域」までに、
そのビジネスをつくり込んでいけば、人・物・お金・チャンスなど、
経営に必要なリソースは自ら必死に外へ追い求めていかなくても、
向こうから勝手に集まってくるようになります。

それがブランドの力です。
だから、ブランド力は引力のようなものなのです。

ということは、ブランド戦略のひとつのゴールは、こういうことになります。

「売りに行かなくても、買いに来てもらえるようにする」

そうなんです。突拍子もないタイトルが付いているようにも思えるかもしれませんが、そもそもブランド戦略の目的は「営業部を解散させること」にあるのです。

その中でも今回の書籍は「マーケティング」や「伝達」、「仕掛け」や「話題づくり」といったところにスポットあてて、普段私がやっていること、考えていることを国内外の事例と共に紹介したものです。

手に取ってくださって、本当にありがとうございました。

私が、この本を楽しんで書いたことが少しでも伝われば嬉しいです。
そして、この中に仕事で活かせることがひとつでも見つかり、
それを実際に形にしてみようと、今ワクワクしてくださっていたら、
さらに嬉しく思います。

海外での出版も含めて、
これまでたくさんの書籍を出させていただきましたが、
私は「同じ出版社から、同じ製作チームで2冊以上の書籍を出す」
ということを、とても大切にしています。

映画でも「あの映画の製作スタッフが再び集結…」なんて謳い文句で宣伝している作品は多いですが、あれには実は深いメッセージが込められているように思えてなりません。

同じ製作スタッフが、またわざわざ集まるということは、前作に関わった人たち全員が一緒に仕事をすることができて幸せだったと感じた証拠。

また、商業的にも成功を収めたからこそ、次の話もあるのでしょうから、そういった点でも関わった人が嫌な思いを誰もしなかったことにもなるのかなと勝手に考えています。

それと同じことを出版の世界でもしたい。
これが私の願いです。

もちろん、それを私が口で言っているだけでは何も起こりません。
チームがそれに応えてくれて、はじめて実現可能な話になります。

今回、そんな私の想いに快く応えてくれた大和書房のチームには
心から感謝しています。

また、前回と同じく素敵なデザインをしてくれた
タイプフェイスのチームにも心からの感謝を。
ありがとうございました。

そして、何よりも今この本を手にとって読んでくださっている人へ、
本当に、ありがとうございます。

これからも丁寧に、何度も読んでもらえる本を
書いていきたいと思っています。
どうぞこれからもよろしくお願いします。


村尾 隆介

2014.08.28 Thursday author:ryumurao

あとがき (『MYクレド』より)

このブログでは、しばらくシリーズで村尾隆介の過去に書いた書籍の“あとがき”だけをお送りします。

本好きな方で「あとがきから読む」という方は少なくありません。

なぜなら、そこにこそ著者のすべてが映し出されていると考えている方が多いからです。

今、どうしてこのタイミングで、この企画をやるのかについては、またいずれ発表したいと思います。

ブランドに興味を持っている方のみならず、生き方と働き方の一致を模索している方にも、

きっとヒントにしていただけると思います。


スターブランド スタッフ一同

****

東南アジアの貧しい地域で、自分の名前も知らないような子供に、
「今、あなたの願い事は何ですか?」と聞くと、その多くが、

「お母さんと、お父さんの健康と、幸せを願っています」と答えるそうです。

また、日本人の寄付金により建てられた学校に通う子供たちは、
その感謝の言葉として、こんなことを、よく口にするといいます。

「日本のみなさん、どうもありがとう。私たちの恩返しは、
立派な大人になることです」

南米では、プロサッカー選手は、みんなヒーロー。
次世代にとって、憧れの対象です。

でも、それと同時に、「あの選手を育てたのは、あのコーチ」
ということも国民は理解していて、選手を育成した人たちにも、
選手と同じように敬意を払います。

私たち著者が、最近、心を揺さぶられた言葉の一つに、
浅田真央さんの、こんな言葉があります。

「私が頑張ると、みんなが喜んでくれた。それが嬉しかった」

これらのエピソードは、まさに私たちが、
この本で読者のみなさんに感じていただきたかったことを象徴しています。

あなたが、あなたらしく生きること。

あなたが、一切の迷いなく、自分らしく仕事をすること。

あなたができる、これ以上の社会貢献はありません。

みんな、あなたが、あなたらしい人生を、自信を持って歩んでいる姿を望んでいます。

親も、家族も、友だちも、ボスも、同僚も、後輩も、あなたが楽しそうにしている姿を見ているときが、一番の幸せです。

あなたが我慢している姿や、文句・悪口を言っている姿を見て、嬉しく思う人なんて、一人もいません。

「パーソナルブランドの本」となると、当たり前ですが、「自分自身のこと」に話が集中します。

でも、私たちが今回伝えたかったことは、「自分ブランドは、社会と自分の“より良い結びつき”のために構築するもの」「もっと、まわりの人に喜んでもらえる自分になる」という、どちらかというと社会や相手に軸を置いたパーソナルブランディングについてでした。

「異性モテ」をはるかに超えた、「社会モテ」するための、
セルフブランディングについてお伝えしたかったのです。

この本は、私たちが歩んできた道のりでもあります。

私たちも、同じように、あるとき自分と真剣に向き合い、律するルールをつくり、それを守り、改善・工夫を重ね、今に至ります。

今でも、時折、この本で紹介したワークを、自分たちでも行っています。

ですから、本書が単なる読み物で終わらないように、随所に「最初の一歩を踏み出せる工夫」をしています。

書籍の中の数々のワークは、文中、「ノートに書いてみてください」となっていましたが、この本の公式サイトからもワークシートがプリントアウトできるようになっています。

もちろん、自分クレドの雛型や、自分クレドづくりに役立つ事例やプラスアルファの情報も掲載しています。どうぞ、お時間があるときに、一度見てみてください。


「成功とは、幸せになること」です。

この本が、あなたの幸せにつながる、一つのきっかけになれば、
こんなに嬉しいことはありません。


最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました。

いつも素晴らしい読者のみなさんに囲まれ、私たちは幸せです。

いつもたくさんの、こちらが感動して涙が溢れるくらいの感想をメールやお手紙で送ってくださって、ありがとうございます。本当に励まされます。

これからも、少しでもみなさんの成功に役立てるよう、
私たちも一生懸命勉強し、毎日成長していきたいと思います。

いつも、本当にありがとうございます。
心から感謝しています。

「72時間ルール」という、私たちのクレドに従ったおかげで、私たちは、この本の構想を、コペンハーゲンのカフェで行うことができました。

デンマークという国は、今、最も「幸せな国」のひとつとされており、国民の「自分の国への満足度」や「自分の未来に対する自信」が、統計でも、とても高いことが分かっています。

「国民と政府が、お互いを、すごく信用しているよね」、
これが私たちのデンマークの印象です。

私たちは政治家ではありません。

でも、私たちは、「この日本を未来に自信を持てる、カッコいい大人でいっぱいにすること」を、大切なミッションの一つだと考えています。

「カッコいい大人」って、どんな人でしょう?

それは、「迷いがない人」です。「ブレない人」です。

具体的に「自分の幸せに向かって歩んでいる人」です。

それは、「約束を守る人」です。
そして、「行動で示す人」です。

そんなカッコいい大人たちと共に、私たちは、今こそ、世界が羨むような、
新しい“良い時代”を、この国に築いていきたいと思っています。

ぜひ、私たちに、あなたがつくった「自分クレド」のフレーズを、一部でいいので見せてください。

ぜひ、私たちに、あなたの本に関する感想を聞かせてください。メールを送ってくださった方には、お礼に、この書籍のオリジナルのノベルティを、プレゼントとして、もれなく郵送させていただきます。

たくさんのメールやお手紙、お待ちしています。


最後に、私たちのマイクレドの一つにもなっている、
大好きな言葉をお贈りして筆をおきたいと思います。


『すべての知識は行動に移されるべき』 
― アルベルト・アインシュタイン 


小さな、しかし、偉大な第一歩を!


村尾 隆介

2014.08.26 Tuesday author:ryumurao

あとがき (『安売りしない会社は、どこで努力しているか?』より)

このブログでは、しばらくシリーズで村尾隆介の過去に書いた書籍の“あとがき”だけをお送りします。

本好きな方で「あとがきから読む」という方は少なくありません。

なぜなら、そこにこそ著者のすべてが映し出されていると考えている方が多いからです。

今、どうしてこのタイミングで、この企画をやるのかについては、またいずれ発表したいと思います。

ブランドに興味を持っている方のみならず、生き方と働き方の一致を模索している方にも、

きっとヒントにしていただけると思います。


スターブランド スタッフ一同

****

「みんなの一分一秒がつまっている」という敬意

「ありがとう」の話が出たところで、この書籍の誕生に関わったチームメンバーやメンター、そして家族と友人に感謝をさせてください。

個人としての感謝と敬意を示したいので、
スタッフも含めて敬称付きで記します。

「成功を分かち合えるチーム」として、今日まで共に歩んできてくれた代永加世子さん、大石香織さん、増原裕子さん、功刀慎也さん、小平翔さん、野内勇気さん、宮田雄二さん、源亮さん、平沼沙里さん、村瀬彩さん、畠山敦子さん、稲奈璃沙子さん、東大史さん、村田星子さん。本当に、いつもありがとう。

私を信じて、このチームにジョインしてくれたということを、
私は1日たりとも忘れたことがありません。ありがとう。

また、いつも私を公私で支えてくれる浜口隆則さん、小針一浩さん、児島慎一さん。

みんなで語り合い、そして目指してきた、日本の新しいスモールビジネスの世界が、段々と形になってきました。ここまで一緒にやってきたことを誇りに思います。

最高のステージを用意してくださった、大和書房の白井麻紀子さん。
心から感謝しています。

「この人となら、最高の仕事を残すことができるかも」と思わせる、
その巻き込む力は才能です。

これからも、ずっとバランスの取れた素敵な女性のままでいてください。
きっと次に続く世代にとっての、素晴らしいロールモデルになると思います!

また、本文デザインを担当してくださった斎藤佳樹さん、
カバーデザインを担当してくださった渡邊民人さん、
いつも読みやすさを考え、なおかつスタイリッシュに仕上げてくださって本当にありがとうございます。
みなさんと一緒にお仕事をするのは最高に楽しいことです。

また、私の無茶なリクエストに常に100%の力で応えてくださるフォトグラファーの清水博孝さん、いつも感謝しています。
これからも、世の中を一緒に盛り上げていきましょう。

また、清水さんとの出逢いのきっかけをつくってくださった、
尊敬するフロントランナー・和田裕美さんにも感謝をお伝えしたいです。
いつも本当にありがとうございます!

スターブランドクラブのメンバーのみなさん。
みなさんがいない生活なんて、今では想像もできません。
そのくらい、私の中で、みなさんはとても大きな存在です。

これからも一緒に毎日成長していければ嬉しいです。
あまりにも数が多く、各メンバーのお名前をここで挙げることが
できませんが、おひとりおひとりに、
大きな声で「ありがとうございます」と伝えたいです。


父と母、そして姉、義兄にも、あらためての感謝をしたいと思います。
僕が頑張っているのは、ずっと家族に健康で仲良くいてもらいたいからです。

僕が頑張ることで、家族が笑顔でいられるのなら、
これからも、どこまでも頑張り続けたいと思います。

当然ですが、この作品は、ここに挙げた人たちのサポートだけで完成したわけではありません。

私の人生に関わった、すべての人の「一分一秒」が、私の人間としての成長に影響し、その果てに、この本が生まれています。

そんなすべての方々に、心から感謝をしたいです。
本当に、ありがとうございました。

世の中に存在するすべての商品・サービス、もちろんこの書籍一冊にも、
実に多くの人の貴重な「一分一秒」がつまっています。

そう考えると、どんなに小さなものにも感謝の気持ちと敬意が生まれます。

この本のテーマは、「安売りをしない」ということです。

「安売りをする」「安く買い叩く」も、自分のビジネスに関わる人へ、
今よりも深い敬意を持って接することができれば、
それだけでも少しは減るのではないかと思っています。


この本は、本当にこれで終わりです。

また、みなさんとお会いできるときを楽しみにしています。

すてきなキャリアをお祈りしています。
ありがとうございました。

満足度が高いお店のスタッフは、お客さまが見ていないところでモノを置くときも、決して「ガチャン」と置きません。

そこまでも気を配り、各スタッフが「コトン」と置くように、
リーダーが指導をしています。

私も今、「コトン」とペンを置きました。


タイペイにて
村尾 隆介

2014.08.24 Sunday author:ryumurao

あとがき (『29歳からのルール』より)

このブログでは、しばらくシリーズで村尾隆介の過去に書いた書籍の“あとがき”だけをお送りします。

本好きな方で「あとがきから読む」という方は少なくありません。

なぜなら、そこにこそ著者のすべてが映し出されていると考えている方が多いからです。

今、どうしてこのタイミングで、この企画をやるのかについては、またいずれ発表したいと思います。

ブランドに興味を持っている方のみならず、生き方と働き方の一致を模索している方にも、

きっとヒントにしていただけると思います。


スターブランド スタッフ一同

****

長時間お付き合いいただき、本当に感謝しています。
ありがとうございました。

一つでも本書に記したことが、あなたにとってのヒントや勇気に
つながれば、それほど嬉しいことはありません。

本当に、ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

「答えがない時代には愛」

これは、この本のために素敵なあとがきを書いてくださった、
家事代行サービス最大手・ベアーズ社の創業者であり、
大の仲良しである高橋ゆきさんと、よく交わす言葉です。

この不安定な時代に、「こうしておけば安心」
「こうすれば成功する」という
明確な解答を見つけ出すのは容易なことではありません。

もしも、答えが見つからないのなら、
とりあえず「何でも好きになってみる」。

自分のこと、仲間のこと、家族のこと、会社のこと、社会のこと、世界のこと…、

すべてに、今まで以上の愛と関心を持って、とことん接してみてください。
その過程で、きっと一筋の光が見えてくるはずです。

青い鳥と同じです。
ほしかった答えは、意外と近くにあったりするものです。

29歳のころから、そうすることで今よりも高いところへ
羽ばたいていった人たちを、私はたくさん知っています。
ひとりできる仕事なんて、この世にない

どんな仕事も、決してひとりではできません。

たったひとりでモノづくりをしている人も、それを買う人がいて、
はじめて“仕事”になるので、やはり最低2人以上の人が必要です。

ましてや、一冊の書籍を出すといったら、
そこには書店のスタッフの方々を含め、
想像を絶する数の人が関わります。

もちろん、この本にも、たくさんの方々の“仕事”がつまっています。

その数はあまりにも多くて、残念ながら、ここでおひとりずつお名前を挙げることはできないのですが、私の書籍に関わってくださっている全国の書店の皆さま、取次関係の皆さま、そして運送会社の皆さま、本当にありがとうございます。

いつも深く感謝しています。

また、この書籍を出すチャンスをくださったオープンマインド社の児島慎一さん、明日香出版社の古川創一さんにも、心から感謝しています。

おふたりの存在なしでは実現しなかった書籍です。
ありがとうございました。

もう何度も一緒にお仕事させていただいている
タイプフェイス社の渡邉民人さん、二ノ宮匡さん、
いつも素敵なブックデザインを、本当にありがとうございます。

そして、何よりも、ここまで苦楽を共にしてきた編集担当の藤田知子さん。

藤田さんのファンキーなメールに励まされて、
非常にタイトなスケジュールの中、
なんとかやってこれました。

プロジェクト期間中、最高のモチベーターでいてくださったことに、
心からお礼を述べたいと思います。

ありがとうございました! 大変お世話になりました!


集約すれば、この書籍は「目配り、気配り、心配り」に関することなのかもしれません。

その大切さを教えてくれたのは両親です。

父と母の教育にも、ここに感謝したいと思います。
いつも本当に、ありがとう。

最後になります。『マイクレド』(かんき出版)を出した後、
「村尾さん自身のマイクレドが見たいです」というリクエストを、
全国の読者の方々から多数いただきました。

この『29歳からのルール』は、いわばそれに対する“アンサーソング”です。
皆さまのメールやお手紙がなければ、この本は生まれていませんでした。

いつも熱心に私の本を読んでくださって、本当に、ありがとうございます。

皆さまのおかげで、私も頑張ることができています。

Thank you!

クアラランプールにて
村尾 隆介

2014.08.22 Friday author:ryumurao

あとがき (『だれかに話したくなる小さな会社』より)

このブログでは、しばらくシリーズで村尾隆介の過去に書いた書籍の“あとがき”だけをお送りします。

本好きな方で「あとがきから読む」という方は少なくありません。

なぜなら、そこにこそ著者のすべてが映し出されていると考えている方が多いからです。

今、どうしてこのタイミングで、この企画をやるのかについては、またいずれ発表したいと思います。

ブランドに興味を持っている方のみならず、生き方と働き方の一致を模索している方にも、

きっとヒントにしていただけると思います。


スターブランド スタッフ一同

****


最後に本書に関わってくれた多くの人に感謝を。

まず、共著者である浜口隆則さんに感謝の気持ちを伝えたいと思います。

この出版をするにあたって、私が壁にぶつかったときは多大な時間を費やし
サポートしてくれました。

常に私のことを自分の人生を考えるのと同じように、
真剣に考えてくださり、ここまで一緒に仕事をさせてきてもらいました。
いつも本当に有難うございます。

これからも「しあわせな会社」が日本に一つでも多く増えるように、
共に活動できることを楽しみにしています。

同じく、長年にわたり私に前進する勇気を与え続けてくれている
小針一浩さん。
あれからずいぶん時間が経ちましたね。
でも、私たちは、これからもずっと一緒です。
このチームで成功を分かち合っていきましょう。今まで本当に有難う。

また、公私にわたり献身的に私を支えてくれる代永加世子さん、
中村さつきさん、小島祐行さん。
私の仕事は、あなたたちなしでは成り立ちません。
心から感謝しています。

みんなが幸せな人生を歩めるように、また明日から、
私は全力で頑張っていきます。

功刀くん、石岡さん、小平くん、野内くん、宮田くん。
いつも支えてくれて有難う。
みんなの頑張りには、本当に頭が下がります。

氏原さん、「ありがとう」という言葉では、とても足りませんが、
いつも有難うございます。

この素晴らしいチャンスをくださった、かんき出版の皆さん、
たくさんの楽しいミーティングの時間を有難うございました。
皆さんの空気が大好きです。

そして、和久ユタカさん。和久さんあっての、今の私です。
その恩は一生忘れません。

ホンダ時代の上司、先輩、同僚にも感謝します。
社会人として大切なことを、たくさん学ばせてもらいました。
これからも、ずっと仲良しでいましょう。

スターブランド社に関わる数多くの人たち、
スターブランド・クラブのメンバーには、いつも感謝しています。
皆さんの成功や幸せを、私は24時間考えています。
素敵な仲間に囲まれて、私は幸せです。

最後に、両親に感謝します。
幼いころから、たくさんのことを自由にさせてもらいました。

「その恩返しが出来ているのかな?」と考えない日はありません。
僕が常に財布に携帯している「自分クレド」には、こう書かれています。

「成功を一番喜んでもらいたい両親のために、世の中に貢献できる仕事をする」

僕は、一生懸命がんばっています。


村尾 隆介

Recent Entries

Recent Comments